So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

側弯症、アメリカ人医師の訪問

今日は最近私の感じたうれしい出来事を書いてみようと思います。
私はアメリカやガーナなどいろいろな国で側弯症をはじめとする脊柱変形の手術を行ってきましたが、今年の夏に私が以前にNew Yorkで勤務していたHospital for Special Surgeryという病院から医師が二人私の手術を2週間見学に来ることになりました。
来年の夏にもう1人見学に来る予定です。
これは私にとってとてもうれしいことで、なぜかと申しますとHospital for Special Surgeryは過去何年間も連続して全米1位にランクされる整形外科の病院で、アメリカでもっともよい整形外科病院と考えられています。整形外科の中でも脊椎外科はアメリカで全科の中で最も年収が高く、つまり最も優秀な医師が集まる分野です。
そこの医師はハーバード大学やコロンビア大学などのアメリカのもっともよい私立大学の医学部を主席かそれに近い順位で卒業しています。
日本と違い、ただ学業が優秀なだけではよい地位にはつけないので、当然人間としても素晴らしい医師たちです。
そのような医師たちが私の手術を見学に来るということは私自身にとって大変名誉なことだと感じます。
今回来日する医師たちはみなチーフレジデントと言って5年目くらいの医師ですが、日本の医師5年生と比べると知識、技量ともに格段に上です。
3人とも、かつてアメリカにいた際に私が指導していたことのある医師たちです。
このような医師たちが見学に来ることはかられにとっても私たちにとっても大変貴重な経験になるだろうと思っています。
当院の若い先生も彼らと接して、人間性や医師としての情熱、知識、技量などを肌で感じてますます医師として精進することに役に立てばと思っています。
私自身も、せっかく遠方から来日する彼らをがっかりさせないように最大限努力していこうと思っています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。