So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

今日は側弯症と関係ない話です。

先日FACEBOOKで友人から勧められたリンクを見ていて、
とても大事だなと思ったことがあったので紹介してみます。
これは会議にマナーとルールに関するもので、フィンランドの小学生が作ったものだということです。
事の真相は別にして、とても大切なことだと思います。
以下に紹介します。

図解 フィンランド・メソッド入門 [単行本]
北川 達夫 (著), フィンランドメソッド普及会 (著)
より。

その中に、フィンランドの小学5年生が自分たちで作ったという
議論における10のルールというものがあった。

1. 他人の発言をさえぎらない
2. 話すときは、だらだらとしゃべらない
3. 話すときに、怒ったり泣いたりしない
4. わからないことがあったら、すぐに質問する
5. 話を聞くときは、話している人の目を見る
6. 話を聞くときは、他のことをしない
7. 最後まで、きちんと話を聞く
8. 議論が台無しになるようなことを言わない
9. どのような意見であっても、間違いと決めつけない
10. 議論が終わったら、議論の内容の話はしない

さすがOECDの国際統一テストで二回連続好成績を収めている国の子どもに行う教育は違いますね。これらはついつい忘れがちな会議や議論の大原則ですね。
会議中に雑談する人、人の話を遮る人、自分の意見だけ押し付ける人のなんと多いことか。みにつまされます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。