So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

側弯症 夢への一歩

昨日とてもうれしいことがあったのでブログに記そうと思います。
私は以前から、日本やアメリカなどの先進国での側弯症の治療はもとより、アジアやアフリカの途上国で、充分な医療が受けられず、命を落とす側弯症や脊柱変形の子どもたちを助けることにとてもやりがいを感じています。
2009年からボスのDr.Boachieとともに財団を運営し、手術や外来を行い、病院建設の手伝いや、研究などずっと行ってきました。いづれは自分自身でアジアの途上国で、毎年脊柱変形で苦しむ子供たちのために手術を行うシステムを作れればという夢があります。
私たち脊柱変形の治療を専門に行う医師で構成される学会で世界で最も権威ある、実行力のあるしっかりした学会はScoliosis Research Society(SRS)というアメリカに籍を置く学会なのですが、世界で許された数百人がそのメンバーになれます。
私も幸運にそのメンバーなのですが、この学会は途上国の医療にとても熱心で、毎年が会が主導して世界各地の途上国に学会員の医師を送り困難な手術を行い患者を救ってきました。
今回念願がかなって、この学会の中のGlobal Outreach Committeeという、これらの途上国での活動の運営を行う会議のメンバーに正式に招待されました。
これで、すこしだけ自分の夢に近づいたような気がします。人間には寿命があり、私にも外科医としての寿命があります。夢をかなえるための道のりを考えるともうあまり私には時間がありません。
さらに精進して、少しでも多くの子どもたちを助けることができるよう、ベストを尽くしたいと思います。
人事を尽くして天命を待つ。
Do the likeliest, and God will do the best
私の好きな言葉です。
それでは。
May god bless you.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。