So-net無料ブログ作成

松井秀喜選手引退に寄せて。

今日元ヤンキースの松井選手が引退を発表しました。年の瀬に大きなニュースです。覚悟はしていましたが、ひょっとして来年もとどこかで願っていたので、とうとうこの時が来たかという思いです。松井選手は素晴らしい選手であるだけでなく、メディアから受ける印象は一人の人間として大変素晴らしく、その人柄は同じ年でありながら、こんなに立派な人がいるのだなと、つねづね尊敬の念を抱いていました。
私は松井選手と同じ年齢で、結婚した年も同じです。また、ニューヨークで働いていた時に松井選手もヤンキースの一員として活躍され、特に2009年にはプレーオフでMVPを受賞する活躍をされました。当時私はニューヨークで困難な時を過ごしており、松井選手の活躍は日本人として、一人のファンとして大変励みになり、また自分が松井選手と同じ日本人であるということを誇りに感じていました。38歳という年齢からくる故障、体力の衰えで思うような活躍ができないということが引退の理由ということでした。もっともな理由だと思います。本人がだれよりもそのことを感じていたのでしょう。
私の仕事は外科医です。華やかなプロスポーツ選手とは違いますが、多くのデスクワークを中心とした仕事と少し違い、手術室で高いパフォーマンスをすることが最も求められる要素の一つであるという点においては、少しだけスポーツ選手に近い要素があります。
私の世界には明確な引退というものは定年までありませんが、当然、体力や技術のピークというのはやってきて、それを過ぎる時が来るはずです。
松井選手は38歳で引退しました。私も同じ年齢です。昨年くらいから自分の手術能力がピークに達しているという感覚があります。これからはゆっくり体力や反射神経、正確性、集中力などが落ちていくはずです。幸い野球やサッカーとは少し違って、経験を積み重ねることで加齢によるこれらの身体的な要素の低下を補える部分も大きいと思っています。
しかし、松井選手が以前に話していたように
心技体のうち一つでも欠けたら自分を出せない。その時はやめるしかない
という大原則にかわりはありません。
すこしでも長く、一人でも多くの子どもたちを助けられるよう、来年はより一層健康管理に気をつけようと思います。
松井秀喜選手20年間本当にご苦労様でした。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。