So-net無料ブログ作成

アメリカ側弯症学会に参加して。

先日シカゴでアメリカ側弯症学会に参加してきました。
今回初めて先方から招待されて側弯症の手術後の合併症について招待講演というのを行ってきました。当日は半日ずっと合併症という議題について話し合うセッションでした。
世界中からの参加者と集中的にこと問題について話し合えたので大変参考になるものでした。
同時に、これまで継続的に参加し続けたことによって、この業界の第一人者たちからたくさん声をかけていただくになり、なかにはリクルートの話などもあり、ようやくいろいろな意味でこの分野のメンバーの仲間になれたのだなと実感しました。
最近はサッカー選手や野球選手、ゴルフ選手などのおおくの選手が海外に渡ります。
かれらの自分の技術だけで世界中どこでもやっていくという姿勢は大変すばらしいことだと感じ入ります。
アメリカやヨーロッパではより高いレベルの競争があり、そこに参加して自分を試したいというのが多くの先週の動機のようです。
私の業界では、少し違って、アメリカでもヨーロッパでも私がやる手術内容は同じですし、誰かと競うということもありません。
もちろんサッカー選手がレギュラーになるために競争しないといけないように、我々の業界でもその手術をおこなうためにはある程度の競争があります。
ですから、アメリカの何ヵ所かの施設からリクルートの声がかかっていますが、スポーツ選手が海外に移籍したいというのと同じ動機というのは私にはないので、いまは移籍する予定はありません。
実際に移籍するとなるとスポーツ選手と違い、いろいろ法律上の問題もあり、ちょっと面倒です。
ところで、スポーツ選手がレギュラーポジションの獲得したいと思うと、自分が出場する時に良いプレー、献身的なプレーを見せて監督に認められるというのが、筋だと思いますが、私どもの業界でも本来全く同じはずです。
ですが、ときには監督がいなかったり、監督に権限がなかったり、スポンサーに働きかけたり、本筋とは全く異なった方法で、レギュラー獲得を計画する方もいます。
私が側弯症の方の治療を行う動機は、この子たちをなんとかして助けたいからです。本筋とかけ離れた計画を行う方の考え方は多くの場合私には理解ができません。世の中とはいろいろな考え方のひとびとで成り立っているのだなと実感するこの頃です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。