So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

側弯症のアフリカでの活動がCNNで放送されました。

ずいぶん間が空いてしまいました。
先日ボスのボアチ先生のガーナの病院がCNNに取り上げられました。
僕も毎年重症の側弯症の子供たちの治療のためにこの病院に行っています。
昨年はエボラ熱の影響で行くことができませんでしたが、今年は気を付けて秋に行く予定です。
とてもよくできたVTRでDr. Boachieの哲学や夢がよくまとめられています。このような難しい手術ばかりでも、"Do not harm" とお話しされているのはDr. Boachieのお人柄がよく出ています。(ヒポクラテスの誓いにある”患者を痛めつけてはならない”というものの引用だと思いますが、深刻な合併症を出してはならないという意味で使っていると思います。)これを見ると、あきらめずに信念をもって物事に取り組めば、大抵のことは成し遂げられるのだなと勇気が出ます。ボスは偉大です。
英語のビデオですが、雰囲気は分かるかと思います。
プレゼンテーション1.jpg
以下リンクです。
http://edition.cnn.com/videos/world/2015/03/02/spc-african-voices-oheneba-boachie-adjei-c.cnn
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

佐藤莉那

お久しぶりです!
毎度毎度すみません!
12月に外来に行ってきました!
その時にはなかった痛みが出てしまって
何と言うか肩がつっぱっている様な…
後は術後激しい頭痛に襲われています
何かあるんですかね?
返信お待ちしてます
by 佐藤莉那 (2015-03-15 22:49) 

八木満

佐藤様

コメント拝見いたしました。
この症状に関して判断することは難しいと思います。
手術を担当された先生に原因について、あるいは側弯症や、その手術と現在の症状との関連について聞かれてみるとよいと思います。
by 八木満 (2015-03-16 07:33) 

佐藤莉那

ありがとうございます!

いつも適切な指導をしていただいて本当に心から感謝しています

またなにか外来までにあったらご相談させていただいても宜しいでしょうか?
by 佐藤莉那 (2015-03-19 16:39) 

ひろあき

はじめましてメールにて失礼します。
先日6歳の娘が整形外科で側弯症と診断されました。
歪みは13度で経過観察となっていますが、セカンドオピニオンで専門医に受診しようと考えています。
いろいろな文献を読み、非常に不安になり焦っている状態です。
文献によっても進行する可能性や手術になる可能性、13度が大きいか小さいかなど、それぞれ違うことが書いてあり分かりません。
また体験談なども参考にはなりますが、親としてどのようにしたらよいか悩んでおります。
先生に専門医としての意見を聞きたいのですが、よろしいでしょうか?
できれば、詳しくお願いします。
by ひろあき (2015-05-16 23:57) 

八木満

ひろあきさま

返信おそくなり失礼いたしました。
女のお子さんですと10-15歳の2次性徴の際にさらに変形が進行する場合が多いので、定期的な診察は必要でしょう。
最初3か月に1度くらい来院されて、急速な進行がないことが家訓されれば、10-15歳くらいまでは6か月から12か月に一度の診察でよいと思います。急に進んでいくようですと、他の病気に伴う側弯であったり、進行の早いものであったりするので、装具や手術が必要になる場合がります。専門医に受診なさることをお勧めいたします。

by 八木満 (2015-05-25 07:41) 

ひろあき

八木先生、返信ありがとうございます。
先日、セカンドオピニオンで大学病院の整形外科医に診察をしてもらいました。
最初は近くの整形外科で13度の歪みでしたが、今回は5度未満でした。
最初のレントゲン写真は歪みが多少ありましたが、今回は歪みがほぼ見あたりませんでした。
一応、経過観察ということになりましたが、なぜかすっきりしません。
とりあえず6ヶ月後にもう一度、受診はしようと思います。
by ひろあき (2015-05-27 22:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。