So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

脊椎の新しい手術

ご無沙汰しています。
本日は新しい手術のご紹介です。
といっても世界では7,8年前から広く安全に行われている手術です。日本でも最近やっと承認され、許された数人の脊椎外科医のも現在日本でも行うことができるようになっています。
これまで、脊椎の固定術は背中かおなかを大きく切って行うものが多く、術後傷の痛みや、背中を切った場合には数年から10年経過して、固定した部分の上の脊椎が悪くなり追加手術をしなければいけないという大きな問題がありました。
今回承認された術式はわき腹を少しだけ切ってここから脊椎の操作をすることで、より小さくかつ背中の筋肉に対する損傷も低下できるという手術です。Lateral lumbar interbody fusion (LLIF)といいます。
私もアメリカで勤務していたときにこの手術のトレーニングを受けて、手術にも参加していましたが、自分で日本でやるに際して、先週アメリカからインストラクターを招聘して、手術を行いました。確かに難しいですし、なれない操作ですが、習熟すれば、患者さんにかなりのメリットになると思えます。
新たなことの中に良いと思ったものがあれば積極的にこれを習得し、広めて少しでも多くの患者さんの利益になればと考えています。
新しくてもだめなものもありますが、なるべく目と耳を開いて、新しいより良いものに柔軟でありたいと考えています

P1100682 (1).jpg
nice!(0)  コメント(26)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 26

夏子

以前にも相談させていただいたと思います。娘14歳のことでアドバイスいただけると幸いです。10歳のとき腰のレントゲンをとり15度から20度の角度だと言われました。ただし左右の足の長さが違うとも言われ、そのせいだと言われました。四年たち 再度背骨全体のレントゲンを撮影したところやはり腰は21。 胸は18度くらいと言われ「思春期側わん」と言われました。が10歳のころから曲がっていたのです。これはやはり思春期側わんでしょうか。病院では四年まえにくらべて進んだように言われたのですが 帰宅して四年まえのレントゲンとくらべて 同じようです(重ねてみました)

また医師によって足の長さのセンチが違うと言われ(八ミリと言われたり二センチと言われたりします)何を信じたらいいかわからなくなってしまいました。
私はどうするべきでしょうか
娘は骨盤のレントゲンからリッサーサイン4 なのでコルセットは必要ないでしょうか

先生のブログから先生てしたら的確なアドバイスを下さるかも、とすがる思いです。どうぞよろしくお願いいたします。
by 夏子 (2013-07-21 13:19) 

八木満

夏子様
コメント拝見いたしました。
こればかりは診察してみないと何とも申し上げられません。
ただ通常脚長差が1センチ程度なら補正の必要はないですし、骨年齢が今冬にRisser4で21度なら進行する確率はそう高くありません。6カ月から1年に1度くらいのレントゲン、診察でよいでしょう。
by 八木満 (2013-08-02 07:44) 

E母

はじめまして。
娘が今年の夏に背中を大きく切る方法で手術を受けたので、八木先生の"背中を切った場合には数年から10年経過して、固定した部分の上の脊椎が悪くなり追加手術をしなければいけないという大きな問題がありました。”というコメントを見つけて不安になったのですが。主治医の先生からはそのようなリスクは聞いておりませんでした。それぞれの症状により違うとは思うのですが、追加手術が必要になる確率は大体どの位なのでしょうか?

by E母 (2013-09-24 19:48) 

八木満

E母さま
つなぎ目に問題が起こる可能性は小児では比較的少ないようです。逆に成人では一定の割合で長期的には問題となる場合があります。
おそらく御心配されている方は未成年だと思いますので、その場合ですと比較的少ないということになりますね。

by 八木満 (2013-10-02 12:30) 

ゆずこ

八木先生に娘の手術をお願いしました母です。
娘に施していただいたのは この記事に書いてある手術ですね。
そういえば手術のあと 八木先生とともに執刀してくださった先生から
「この手術は どこでも受けられるものじゃないよ。」と言っていただいたことを思い出しました。
でも 傷が小さく済む分 難しい手術なのではないですか?
今 日本でこの手術ができる先生は どのくらいいらっしゃるんでしょう?
私たちは八木先生に執刀していただけて 本当に良かったと思っています。

思い出話になりますが・・
昨年 側弯症のことを調べている中で先生のブログを拝見し
書いてある内容から八木先生の 人となり に感銘し
連絡をさせていただきました。

直接お会いして娘を診ていただいた時に
「何があっても この先生なら信頼できる」
と娘も私も同じ気持ちだったので 手術をお願いすることにしました。

まだ10代の娘ですから 身体に傷を残したくない・・という思いが強かったので この手術をうけることができて本人はもとより私たちも とても喜んでいます。

まだ全快とはいえないんでしょうけど 経過もとても良く 本人は 
つい 背骨の手術のことを忘れがちになっているようです。

八木先生に出会えたことを 神様に感謝しています。
本当にありがとうございました。



by ゆずこ (2013-10-20 01:49) 

八木満

ゆずこさま

コメントありがとうございました。
思春期の特に女のお子さんにとって体に傷をつけるということはご本人にとってもご家族にとってもさぞや負担になることと察します。しかし、避けられない手術であれば、少しでも安心して手術に臨んでいただいて、もちろん合併症も全くなくすことはできないけれど、その確率を可能な限り下げて、最良の手術を行うことがせめてもの私どもにできることだと考えています。お子さんの早い全快を祈っております。
それでは。
by 八木満 (2013-10-21 16:33) 

はる

今年娘が、7月下旬にM田先生、そして八木先生に執刀していただきました。
今娘は元気に学校に通い、脊柱も真っ直ぐになり、 手術をして心から良かったと言っています。
この病気がわかってからの4年間、心の葛藤があった娘ですが今前向きな日々を送り、本当に感謝しています。
同じ病気に悩んでいる方に少しでも勇気を与えられたら良いと思い、コメントさせていただきました。
八木先生、お体に気をつけて、これからも頑張ってください。
by はる (2013-10-21 17:46) 

八木満

はるさま
コメント拝見いたしました。
わざわざありがとうございました。
これから娘さんとご家族が末長く幸せな人生を歩んでいかれることを祈っております。
お力になれてうれしく思います。

by 八木満 (2013-10-22 08:11) 

空

今年の6月に側弯と診断された高2の女子です

いま背骨がS字に曲がっていてねじれがあり角度は50°を越しています
手術をするように言われましたが私は部活をしているのでそれを引退するまでは部活をしたいと思っていて手術を先伸ばししています

それまで少し期間があるのでいろいろ調べようと思ってこのブログをみました

私のような重度の側弯でもこの手術は可能でしょうか
また もしこの手術をお願いしたいと思ったら受けることができますか?
by (2013-11-24 22:50) 

八木満

空さま
側弯のことでお悩みのようですね。
私はガーナでは130度の5歳のおこさんやより重症なお子さんの手術を行っています。詳しくはアメブロのブログに写真があります。
http://ameblo.jp/golf0915/
50度は充分手術可能です。
部活の引退はいつですか?
余り進行してしまうとスy術は少し大変になります。
もし可能でしたらはやめに一度拝見させていただければと存じます。
by 八木満 (2013-11-27 12:54) 

空

返信ありがとうございますm(__)m

今 鹿児島大学病院に定期的に通って進行の様子をみています
次の検診は3月~4月辺りです

部活は来年の10月まであります

また来年は受験も控えているのでいつ受けるべきか迷っています

可能であれば検診をお願いしたいです
by (2013-11-28 19:31) 

そう

以前も相談させて頂き、ありがとうございます。
先生に教えて頂きたいのですが、側湾症の手術の後に何か有効な運動とかマッサージとかはあるんでしょう?背中の筋肉を切ってしまうので、切る前までにスイミングで背筋などをつけておくと、術後少しは助けになったりしますか?
あと私事ですが、子供とが成長したらヨガの資格をとって仕事をしたいと計画していたのですが、ヨガは息子の術後の回復に役立てることができるんでしょうか?それよりももっと息子の回復に役立てられる資格などがあったら、お医者様の立場からお知恵をいただけたら、助かります。なんだか変な質問で貴重なお時間申し訳ないです。
よろしくお願いします。
by そう (2013-11-29 12:42) 

八木満

空さま
拝見いたしました。
鹿児島には確か側弯症の先生がいらしたような気がします。
来年10月まで部活があり、なおかつ都内でないのでしたら、来院なさるのは大変でしょうね。ご両親とよくご相談なさってお決めになられてくださいね。
by 八木満 (2013-12-02 16:11) 

八木満

そうさま
リハビリによい運動ですよね。
術後の回復に関して
骨癒合という意味では、時間が解決してくれます。
その後筋肉の再訓練や可動域の獲得にはヨガもよいかもしれませんね。
ただやりすぎますと、固定部と非固定部の間にストレスがかかります。
お子さんの場合には大人と違って、自然に回復していきます。
案ずるより産むがやすし。ですね。

by 八木満 (2013-12-02 16:26) 

そう

八木先生、お返事ありがとうございます。
12歳の息子はは50度あると言われたんですが、どこかが痛いとかまったく症状がない様子でそれでも手術は必要なんでしょうか?
by そう (2013-12-03 20:59) 

八木満

そうさま
ひつようでしょうね。残念ながら。
このままですと、成長とともにカーブは進行します。
もちろん個人差はありますが。
カーブがさらに大きくなると肺や心臓が圧迫されたり、バランスを取るのが難しくなっていきます。
実際にはレントゲンを見て診察をしてみないとわからないですけれど。
by 八木満 (2013-12-04 12:34) 

空

側弯症担当の先生がいるので今度の診察で相談してみたいと思います

できるのならあまり背中に大きな傷跡を残したくないです

都内には父がいるので診察に行く機会があればお伺いするかもしれないです

そのときはよろしくお願いします

ありがとうございましたm(__)m
by (2013-12-05 03:03) 

八木満

空様

手術の際に傷に関しては女性ならだれでも気になる点であると思います。
診察をしてみないとお話しできませんが、背骨の曲がっている部分が腰ではなく背中であるならば、やはり背中を切る方が安全性が高い場合が多いです。お背中を切る場合には施設にもよりますが、形成外科で使用するような細い糸で皮膚の中だけを縫い合わせれば、背中の真ん中のしわの部分に一本細い線が残るだけですから、あまり目立たないことが多いようです。
by 八木満 (2013-12-05 07:16) 

ゆめ

26才の側弯症の娘を持つ母です。小学生の時一度手術寸前までいったのですが本人が先生と相性が合わなかったのと心に傷を負ってしまい無気力になってしまいました。それでまずは、この子の心から治さないとこのまま手術できないとセカンドオピニオンでみてもらった先生に「自分の娘ならあんな大変な手術を受けるくらいなら曲がってるほうがましだよ」と言われ病院からはなれてしまいました。いいと言われる治療を転々とまわっておりました。見た目の歪みや筋肉のアンバランスからくるへこみも改善されたように見え腰痛もなんとかやりすごせなんの不自由もないのでそのままきてしまいました。でも、ほかの病気で見てもらったとき肺活量が少ないといわれました。かなり進行してしまっているのだとおもいます。それで、技術的にも人間的にも安心して相談できる先生はいらっしゃらないかと探しておりまして先生のブログに出会いました。
終糸切断手術というのもあるようですが側弯症」にも有効なのでしょうか?また、側弯症の手術の後遺症がかかれておりますブログをみますと怖くなりますが、やはり、手術はしないときけんなのでしょうか?
神戸に住んでおりますが、先生に診断していただくにはどうすればよいのでしょうか?検査からお願いしなくてはいけないのですが1日で検査と診断をお願いするのは難しいのでしょうか?
今後どのように考え進めていけばよいのかご指導いただけるとすくわれます。娘に申し訳なくて・・・・私が逃げてしまっていたのかもしれません。
娘の将来を思ういたたまれません。やはり「曲がっていても…」というだけの問題ではないのですよね?
by ゆめ (2014-05-20 05:46) 

八木満

ゆめさま
コメント拝見いたしました。
側弯症といいう病気の中にもさまざまな原因があり、原因により治療も様々です。もっとも一般的な特発性側弯症でしたらおっしゃられている方法では改善は難しかろうと存じます。
カーブの大きさにもよりますが、進行性であればある程度以上のカーブの大きさになってしまっているようでしあれば、手術が必要になる場合もあります。
一度診察をさせていただけるともう少しお話しできると思います。
遠方ですから、あらかじめ来院日がわかれば、レントゲンとMRIの当日の予約はしておくことができます。しかしまれな病気であれば、診断しきれない可能性もあります。
御予約の際には
隔週の金曜日の午後の側弯症の外来があります。
お電話でご予約いただくことが可能です。
また病院のホームページは以下の通りです。
http://www.murayama-hosp.jp/
by 八木満 (2014-05-20 17:57) 

ゆめ

早速にお返事いただきありがとうございました。
まだ、娘には話せていないのですがよく相談しまして日程の調整をしてみます。本当にありがとうございます。
関係あるかどうかは、わかりませんが幼稚園のころやんちゃで階段とびをしていて強く尾てい骨をうっています。どこかの検査で尾てい骨が曲がっている?といわれたことがあります。
娘に先生のブログを見せて心を開いて診察に行ってくれるようがんばってみます!予約は、とりにくいのでしょうか?
by ゆめ (2014-05-20 22:52) 

八木満

ゆめさま
外来は通常に外来に加えて、金曜日の午後に側弯症の方のみの予約外来を行っていますので、側弯症外来は1カ月程度の期間を見ていただければ予約可能です。ただ、夏休み等の休み期間中は大変込み合います。ご検討お願いいたします。
尾骨の打撲と側弯症はおそらく関係がないだろうと思います。
by 八木満 (2014-05-21 08:48) 

安田あけみ

初めまして
メールにて失礼いたします。
そくわんの手術後、10年になります。
止めた、上部首から痛みが始まりました。
手術をしていただいた先生からの
お話はありませんでした。
先生のブログを拝見させていただきました。
違う先生の目から
診察をお願いすることは可能でしょうか?

by 安田あけみ (2014-12-10 09:12) 

安田あけみ

先ほど、メールをさせていただきました安田でございます。
アドレスが間違っておりました。

追記
交換留学でフランスに行っており、
昨日、日本に帰ってまいりました。

痛みが出て、本当にまいっております。

どうぞ、お力をお貸しくださいませんでしょうか。
一般初診で診察いただけますでしょうか
by 安田あけみ (2014-12-10 10:50) 

八木満

安田様

コメント拝見いたしまいた。
12日の金曜日と19日に金曜日の午後側弯症外来があります。
ご来院できるようでしたらご連絡ください。
予約枠は満員ですが何とかなると思います。
by 八木満 (2014-12-10 12:39) 

安田あけみ

お忙しい中ありがとうございます。
すみません、gmailさせていただきました。
by 安田あけみ (2014-12-15 02:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。