So-net無料ブログ作成

側弯症の再手術は安全か?

3月になりました。まだまだ寒い日が続きます。春はいつやってくるのでしょうか?さて、春休みの季節になり、当院でも特発性側弯症の手術が多くなってきました。多くの方が休みを利用して手術をお受けになります。ただ、最近では入院期間は2週間程度で、そのあと復学できますから、かならずしも休みを利用しなくてもよくなってきています。
ところで、本日は子どものころに側弯症の矯正固定術を行って、時間が経過して、中年、中高年になり、隣接する脊椎の問題で手術の固定範囲を延長しなければならない場合に関して、その安全性と成績に関しての論文を紹介します。

Comparative Analysis of Clinical Outcome and Complications in Primary Versus Revision Adult Scoliosis Surgery
Cho, Samuel K. MD*; Bridwell, Keith H. MD†; Lenke, Lawrence G. MD†; Cho, Woojin MD, PhD‡; Zebala, Lukas P. MD†; Pahys, Joshua M. MD†; Kang, Matthew M. MD†; Yi, Jin-Seok MD†; Baldus, Christine R. RN†
Spine:01 March 2012 - Volume 37 - Issue 5 - p 393–401

これは友人のサムがアメリカで発表した論文で、初回手術と再手術の成績や合併症、頻度、満足度などを比較検討したものです。対象となった患者さんは 成人の特発性側弯症の患者さんの初回手術と再手術の方で、人数はそれぞれ125人程度です。平均年齢は55歳前後でした。
術前の痛みや障害は初回手術の方の方が強く、術後の痛みや障害の改善率には差がないという結果でした。(両方ともよく改善している。)一方で合併症は再手術に多く、感染や偽関節などが特に多いようでしたが、このような合併症を発症した患者さんでも最終的には合併症のない患者さんと同様によく改善したようです。
サムとも話しましたが、やはり再手術の方が執刀する方も難易度は高いです。理由は
単純に術野が癒着などにより展開しづらいこと。
10年以上前野古いインプラントが入っている場合があり、手術に制約があること。
骨移植などをするための部分がすでに前回手術で採取されていて、充分な骨移植ができない場合がある。
などケースバイケースですが、他にももろもろあります。
ですが、このように初回手術と差がなく改善するという結果には術者としては少し励まされます。
みなさんのご参考になったでしょうか?
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

wakana's daddy

昨日(4月3日)、娘(17歳)が無事退院しました。
不思議なご縁でしたが、3週間、本当にお世話になりました。

「ロッドが折れる」という稀な症例での再手術ということもあり、
家族みんなで本当に悩みましたが、先生のブログやご意見のおかげで
(背中を押していただき)再手術を受ける決意ができました。

無事手術は成功し、経過も順調のようです。今後は骨癒合の成功を願いつつ、これからも家族みんなでこの病気と向かい合い、娘の成長を見守っていきたいと思っております。

入院中は、自分より重症な病気でも前向きに過ごされている他の患者さんと交流することで、勇気をもらえたようです。2度の手術・入院はマイナスなことばかりでなく、娘を人間的に一回り大きく成長させてくれたようです。

今、娘は高校3年間はいっぱい我慢するので、大学4年間はやりたいことを思い切りチャレンジしたいと考えているようです。
そのためには、この半年~1年間(骨癒合が確認できるまで)はコルセットをつけての不自由な生活に耐えなければなりませんが(汗)・・・・・

今後もいろいろご相談させていただくこともあるかと思いますが、
よろしくお願い申し上げます。
取り急ぎ、お礼とご報告まで。

今回は、このブログを読んで「娘のようなunluckyな症例でも乗り越えられることができるんだよ。今、頑張れば楽しい未来が待っているよ。」ということを知ってもらえれば、これから手術に臨む子供たちに少しでも勇気を与えられれるのではないかと思い、コメント欄にてお礼を書かせていただきました。

追伸:
今月末からのガーナトリップ。今回もハードだと思いますが、体に気を付けて、たくさんの子供たちの側弯症をやっつけてきてください。そして、先生の更なる技術の向上が側弯症に苦しむ子供たちの救いとなることを祈っております。


by wakana's daddy (2012-04-04 15:18) 

八木満

入院。手術ご苦労様でした。
素晴らしく聡明なお子さんで、将来が楽しみですね。1つ1つの経験がいづれ彼女の血となり肉となるでしょう。素晴らしい女性になることを祈っております。
by 八木満 (2012-04-06 17:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。