So-net無料ブログ作成

アフリカ脊柱変形治療チーム2011

こんにちは
今日は私の参加しているアフリカの子どもたちを対象にした、結核や先天性側弯症の治療のための医療チームの話。このチーム(FOCOS)は私のボスDr. Boachieが1994年に私費で設立したことは以前にお話ししたと思いますが、今年画期的なことがありました。これまではガーナの首都アクラぼ最も進んだ病院を借りていたのですが、足元を見られているのか、何だかわかりませんが、借りる費用がとても高くて、財団の財政を圧迫しているのです。そこで、今年ついに彼の自身の夢の結晶である、自分の病院がガーナで設立されたのです。そして、3月に第1回目のこの病院での手術チームのトリップがあります。私にも招聘が来ました。うれしい限りです。しかし、New Yorkにいたころはガーナであろうが、ヨーロッパであろうが、日本であろうが10時間くらいで行くことができたのですが、日本からガーナは本当に遠いです。いまさらながらに、丸い地球儀のはずなのになぜ日本がFar Eastといわれるか、実感できました。そして、病院のスケジュールもありますから、休める日数は限られています。それでもなんとか参加し続けられればと考えています。世界最高難易度の手術を世界最高のチームの一員としてボランティアで行う。それで、苦しんでいる子どもたちを助けることができる。医師になって本当によかったと思う今日この頃です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。